アンブレラ

傘を簡単に、壊れないように洗う方法

傘を洗うには、いくつかの方法がありますが、その中でも一番代表的で簡単な洗い方は、お風呂場のシャワーで洗っていく方法です。まず一回目は、石鹸や洗剤などを何も付けず、お湯で全体をザッと流していきます。次に、傘の骨を折ったり、布地を破ったりしないように気をつけながら、石鹸を擦り付けたタオルで丁寧に表面を擦っていきます。「擦る」と表現しましたが、この時あくまでも表面を「拭き取る」ように洗っていくのがポイントです。それが終わった後には、先程と同様、お湯で洗い流します。そして、次はこの内側を洗っていきますが、内側は少しの衝撃を与えただけでも、壊れてしまうことが多いため、細心の注意を払う必要があります。洗い方は外側と同じ様に、タオルに石鹸を擦り付けて、それで汚れを拭き取っていきますが、持ち手を上手く駆使して、傘自体をくるくると回しながら洗うと作業も楽になり、壊れにくくなります。また、撥水加工はドライヤーを一定時間かけることにより、取り戻すことができます。

傘も洗うことができます

雨の日に大活躍してくれる傘ですが、使用後そのままにしていることもあるのではないでしょうか。使用後そのままにしておくと劣化の原因になってしまいます。また、カビや匂いの元となり、玄関の不快な匂いの原因にもなってしまいます。ただでさえ憂鬱な雨の日に、毎回気持ちよく使うためには、綺麗な状態でしまっておきましょう。そのためには、使用後に洗うことが大切です。雨水は濡れていても泥やや汚れが一緒に付いている為、改めて水と薄めた中性洗剤で汚れを落としておきましょう。傘の生地によっては洗剤で色落ちしてしまうものもあるので、端で確かめ色落ちするようなら水洗いだけにします。水洗いが終わったら、水滴を落として閉じる前に広いスペースがある場合は開いて乾燥させます。早く乾かしたい人にはドライヤーを使いますが、骨組みが金属の場合ドライヤーの熱で熱くなるので火傷しないように注意します。少しのお手入れでお気に入りの傘を長持ちさせましょう。

Favorite

Last update:2016/11/16


ページトップ▲